ここから本文です

ここに絶対に押してはいけないボタンがあるけれど……押すでしょう、あなたは。たぶん。【とっておきインディーVol.82】

ファミ通.com 6月20日(月)12時2分配信

●頼むから、このボタンだけは 絶対に押さないでくれ。
 “押すなよ、絶対押すなよ!”なんだかどこかで聞いたことのあるフレーズですが、こんなふうに言われたとしたら、もはや、押してもらうための前フリにしか思えないもの。……といっても、このゲームで押すのは、熱湯や水辺にいるお笑い芸人の背中ではなく、奇妙な機械の真ん中にある、ひとつの赤いボタン。

 そう、今回ご紹介するゲームは、ボタンを押すだけのゲームなのです。 

 ちなみに質問。あなたは「絶対に押すな」と言われたボタンを押すチャンスに恵まれたとしたら……押しますか? おっと、少し迷いましたね。先ほど本作のことを、ボタンを押すだけだと言いましたが、そこには、プレイヤーの意志と決断、行動と好奇心がある。そして、それがもたらす変化と驚きが本作には詰まっている。さあ、その指でボタンを押してみませんか。

●決して触れてはいけない機械を触れるか触れないか、というだけのゲーム。
 ゲームを開始すると、プレイヤーは、まず同僚らしき人物から「ちょっとトイレに行くあいだだけ、機械を見張っていてくれ」と頼まれることになります。そこで、中央に赤いボタンのある巨大な装置を前にして、そのボタンを押すのか、はたまた押さないのか……?

 好奇心に負けて、ボタンを押してみると、機械にはさまざまな変化が起こります。謎めくナンバープレートが出現するなど、まるでアドベンチャーゲームや、リアル脱出ゲームを彷彿とさせるかのような、機械相手の謎解きが始まるのです。

 プレイヤーのひらめきと好奇心に応えるかのように、機械にはつぎつぎと変化が起きる。やがて、モニターや部屋の壁など、目に映るすべてが機械の謎を解くカギだと気づくはず。

 この奇妙な機械は、いったい何なのか。プレイヤー……あなたは、きっとその答えを知りたくて、ボタンを押してしまうことでしょう。

 そうしていつしか、ボタンを押すことで変化を見せる機械を相手に、さまざまな行動をとり続けることで、いくつかの結末を迎えることになります。ネタバレは避けますが、それらの内容は、ときには悲劇的な形で訪れることになるのかもしれないし、もしくは、思わずクスリと笑ってしまう形で訪れるかもしれません。

 まあ、どちらにせよ、それを見るのは、ボタンを押したあなただけなのです。

Please, Don't Touch Anything
メーカー:BULKYPIX
対応機種:iPhone/iPod touch / Windows / Macintosh / Android
発売日:2015年12月30日配信開始
価格:600円[税抜](613円[税込])
ジャンル:アドベンチャー

最終更新:7月5日(火)1時32分

ファミ通.com