ここから本文です

新製品「HTC10」、日本ではレッドカラーが人気 販売数の44%占める/台湾

中央社フォーカス台湾 6月20日(月)18時20分配信

(台北 20日 中央社)台湾のスマートフォン大手、宏達国際電子(HTC)は10日、フラッグシップ端末「HTC10」の日本での販売を開始した。同社によると、3色揃えたカラーのうち、一番人気は「カメリアレッド」。販売台数の44%を占めている。

董俊良・北アジア地区総経理は、日本での過去の経験において、赤色は多くの企業幹部に好まれていたと話す。カメリアレッドの好調な売れ行きからも、幹部や女性消費者などの赤色に対する好みが見て取れるとしている。

HTC10は日本ではKDDIから発売。赤色は日本での先行発売となっており、台湾では20日から販売開始された。

(江明晏/編集:名切千絵)

最終更新:6月20日(月)18時20分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。