ここから本文です

NuForceからハイレゾ対応BAイヤフォンが新発売

CDジャーナル 6月20日(月)17時7分配信

 米国の先進的PCオーディオメーカー「NuForce」の輸入総代理店「フューレンコーディネイト」が 、ハイレゾ対応のBA(バランスドアーマチュア)ドライバーを採用したイヤフォン「HEM」シリーズ4モデルを6月29日(水)より販売。

 「HEM」シリーズには、フルレンジのバランスドアーマチュアドライバー1基を搭載した「HEM2」(26,000円)、低域用1基と高域用1基の2ドライバー搭載の「HEM4」(38,000円)、低域用1基に高域用2基を搭載した3ドライバーの「HEM6」(50,000円)、低域用・高域用それぞれ2基ずつ搭載した4ドライバーの「HEM8」(63,000円)の4モデルがラインナップ。

 “Knowelsバランスドアーマチュアドライバー”と命名された40kHzまでの高帯域再生を可能にしたハイレゾ対応のドライバーユニットは、低歪みでディテールの再現性に優れた再生が最大の特長。スマートフォンやタブレット、PC、ヘッドフォンアンプなど幅広い使用が可能です。フィット感と快適性に優れ聴き疲れしない“除振Lexanイヤーピース”を採用したほか、取り外し可能なイヤフォンケーブルはマイクとインラインリモートが付いた外出用とOFC(無酸素銅)と銀の導体素材を採用したハイエンド仕様の室内用の2種が付属。いずれの価格帯でも、バランスドアーマチュアドライバーとは思えない滑らかな周波数特性とハイスピードな直線位相応答を備えており、NuForceならではの高品質なポータブルサウンドの提案といえます。

最終更新:6月20日(月)17時7分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。