ここから本文です

<武装少女マキャヴェリズム>「少年エース」のバトルアクションマンガがアニメ化

まんたんウェブ 6月20日(月)20時53分配信

 「月刊少年エース」(KADOKAWA)で連載中のマンガ「武装少女マキャヴェリズム」がアニメ化されることが20日、分かった。アニメの詳細は今後、発表される。

【写真特集】美少女が刀を手に… 可愛いキャラが続々の「武装少女マキャヴェリズム」

 「武装少女マキャヴェリズム」は、黒神遊夜さん原作、神崎かるなさん作画のマンガ。女子に支配された学園を舞台に、学園内を統率する天下五剣や女帝・天羽斬々に対して、転校生・納村不動が自由を求めて戦う姿を描いたバトルアクション。コミックスは4巻まで発売されており、5巻が7月26日に発売される。

 原作の黒神さんは「カラーで動くとすごい迫力でしょうね! ぜひ細部までこだわり抜いたものを見せてください! ええ、さとり戦の話です!」とコメント。作画の神崎さんは「アニメ化、すごくうれしいです! まだ実感が沸きませんが、特に見たいのはくるくる飛び回る蕨の空中戦ですね。熊も」と喜んでいる。 

最終更新:6月20日(月)20時55分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。