ここから本文です

「恋人の聖地」ラベンダー見頃 あぶくま洞

福島民報 6月20日(月)11時53分配信

 福島県田村市滝根町にあるあぶくま洞のラベンダーが見頃を迎え、カップルや家族連れでにぎわっている。
 ラベンダーは地中海沿岸地方が原産。あぶくま洞は同地方に似た土質や気候を利用し、初夏の観光資源として栽培している。7月3日までの開園期間中は1人400円で摘み取りが楽しめる。時間は午前10時から午後3時まで。観覧無料。
 4月に県内唯一の「恋人の聖地」認定を受け、ラベンダー園の一角に誓いの鐘を設置した。恋人同士や家族が鐘を鳴らしながら、ラベンダーの甘い香りを楽しんでいる。問い合わせはあぶくま洞管理事務所 電話0247(78)2125へ。

福島民報社

最終更新:6月20日(月)11時57分

福島民報