ここから本文です

WINNER、全4都市9公演、3万6千人動員のツアーがスタート

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月20日(月)11時6分配信

WINNERが、日本で3回目となる全4都市9公演、3万6千人動員のツアー『2016 WINNER EXIT TOUR IN JAPAN』が、6月18・19日の幕張メッセイベントホール2デイズ公演よりスタートした。

【詳細】他の写真はこちら

『2016 WINNER EXIT TOUR IN JAPAN』は、今年1年5ヵ月ぶりのカムバックとなるWINNER 2016プロジェクト「EXIT MOVEMENT」が始動してから、初となる日本ツアー。オープニングは1stアルバム『2014 S/S -Japan Collection-』の収録曲「LOVE IS A LIE」でスタート、ロンドンの裏路地を彷彿とさせるストリート感溢れるセットから、パンク風のジャケットを身にまとい登場したWINNERに、悲鳴のような大歓声が巻き起こる。

続けざまに新曲「SENTIMENTAL」を披露。同楽曲は先日6月15日に配信された、プロジェクト第一弾となる『EXIT MOVEMENT : E』の日本語バージョンで、配信されるやいなや、約2年ぶりとなる新曲日本語バージョンにチャートは急上昇。iTunesのK-Pop、ポップチャートで1位を獲得したファン垂涎の楽曲だ。

日本初披露となる「SENTIMENTAL」に早くも会場は最高潮。冒頭のMCでは、イ・スンフンが「怪我をしてしまって申し訳ありません。でも今回のツアーは僕たちメンバーみんなで一生懸命準備しましたので、一緒に楽しみましょう」とコメント。腰を負傷し、怪我をおして出演するスンフンに熱い歓声がこだまする。

その後1stアルバムのタイトル曲にして、切ないバラード「EMPTY」「COLOR RING」。カン・スンユンの力強い歌声と、キム・ジヌの艶のある甘いボーカルが楽曲をリードし、サビではナム・テヒョンの透き通るようなファルセットが響き渡る。

新譜『EXIT MOVEMENT : E -JAPAN EDITION-』からは「SENTIMENAL」に続きナム・テヒョンのソロ曲「I’M YOUNG」を初披露。同楽曲は敍情的なエレクトロニックピアノサウンドと、甘いボイスが調和した切ないバラード曲で「いくら愛しても現実は乗り越えられない、という内容で真の愛への感情を描きました」と以前楽曲について語っていた彼が、その世界観を表現するあまり、歌唱中に涙ぐむひと幕もあった。

彼らが今回表現したパフォーマンスは、2016年の年間プロジェクト「EXIT MOVEMENT」を通して、休むことなく成長してきたWINNERの、あらたな表現力と高い音楽性が垣間見られる圧巻なステージングとなっていた。

アンコールでは、出演予定のなかったスンフンが負傷した腰を押さえながら登場し、歩くのも困難な状況にも関わらずファンに感謝の想いを伝えようと、外周160mに及ぶ花道を1歩1歩、歩き始めた。その光景にリーダー、カン・スンユンをはじめ、他メンバーがサポート。2曲に渡って、ゆっくりゆっくりとではあるが、来場するファンに手を振り、その想いを届けた。

全22曲2時間強に及ぶライブは、彼らがつね日頃、言葉にしている「僕たちの音楽にはジャンル的な境界線はありません。聴いてくださる方たちに今のありのままの自分たちを伝えたい。僕たちの本質的な心や話を楽曲に乗せていきたい」という言葉にあるとおり、WINNERの音楽に対する想い、ファンに対する想いが真摯に伝わる貴重なライブとなっていた。

ツアー『2016 WINNER EXIT TOUR IN JAPAN』は、全4都市9公演を予定している。

リリース情報
2016.06.15 ON SALE
DIGITAL EP『EXIT MOVEMENT : E -JAPAN EDITION-』

ライブ情報
WINNER JAPAN TOUR 2016
06/18(土)千葉・幕張メッセイベントホール
06/19(日)千葉・幕張メッセイベントホール
06/25(土)福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
06/26(日)福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
07/02(土)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
07/03(日)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
07/16(土)兵庫・神戸ワールド記念ホール
07/17(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール
07/18(月)兵庫・神戸ワールド記念ホール

WINNER OFFICIAL BLOG
http://ameblo.jp/yg-winjapan/

最終更新:6月20日(月)11時6分

M-ON!Press(エムオンプレス)