ここから本文です

伊南にクロカンコース スキー連盟公認、年内オープン

福島民報 6月20日(月)13時2分配信

 福島県南会津町は伊南地区に新たなクロスカントリースキーのコースを開設し、年内に全面的にオープンさせる。全日本スキー連盟の公認コースとなる予定で、来年1月には県中体のスキー競技距離の部が行われる。コースを活用する全国規模の大会や陸上合宿の誘致を図り、スポーツを通し地域振興を目指す。
 コースは町伊南総合支所などがある古町地区の里山に設ける。平成26年度から整備している。全長約3キロで道幅は6メートル。一部は町道などを活用するため実際、工事するのは山林部分などの約1.7キロとなる。これまでに完成した約1キロで供用が始まり、28年度は残りの区間を仕上げる。
 コースの高低差は約60メートルで、全日本スキー連盟の規定に合わせ30メートルを駆け上がる急坂を設ける。自然を生かした設計でアップダウンが大きく、連盟側から高い評価を受けているという。
 コースの誕生を機に町や伊南スポーツツーリズム実行委員会はスキー大会の誘致を進める。陸上競技の練習にも活用することができるため、関東地方の市町村教委などに学校の夏休みに合宿を行うよう働き掛ける。町はコース近くの空き家を借り、合宿などに利用できるスポーツゲストハウス1棟を設けた。
 大宅宗吉町長は「多くの人を呼び込み、地域の活性化につなげたい」と話している。

福島民報社

最終更新:6月20日(月)13時24分

福島民報

【生中継】小池百合子都知事の会見