ここから本文です

<エンタミクス>ワンピース、ポケモン、ゴジラ 人気シリーズ最新作が激変?

まんたんウェブ 6月20日(月)22時26分配信

 エンターテインメント情報誌「エンタミクス」(KADOKAWA)は20日発売の8月号(650円)で、「アリス・イン・ワンダーランド」「ゴジラ」「ONE PIECE」などの人気シリーズの最新作について「いつもとチガーーウ!人気シリーズ最新作 激変の真相」と題した巻頭特集を掲載している。

【写真特集】次の月9は…異例の制作発表をネット配信

 巻頭特集では、今夏公開の人気シリーズ最新作について、“激変”の真相を同誌が関係者に取材。「アリス・イン・ワンダーランド」「インデペンデンス・デイ」「ゴーストバスターズ」「ゴジラ」「時をかける少女」「ONE PIECE FILM」「ポケットモンスター」「モンスターハンター」「バイオハザード」などを特集する。

 そのほかに、7月期ドラマとアニメ84本も紹介するほか、表紙を飾っている桐谷美玲さんのほか、関ジャニ∞の丸山隆平さん、SKE48の松井珠理奈さん、Hey!Say!JUMPの中島裕翔さん、ジョニー・デップさんらのインタビューも掲載されている。また、工場見学のコーナー「マジカルファクトリーツアー」では「リコーダー」を特集し、「レトロゲーム特集」では絶対に住みたくない物件を舞台にしたゲーム「いわくつき物件ゲーム」を紹介している。

 また、今号から新連載「Johnny’sミクス」がスタートし、第1回目はジャニーズJr.のグループ「Mr.KING」が登場する。

最終更新:6月20日(月)22時33分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。