ここから本文です

イスラム国のテロ対象に挙げられた米空軍基地の防護態勢を点検=韓国

WoW!Korea 6月20日(月)16時31分配信

過激派組織「イスラム国(IS)」が韓国国内の米国空軍施設をテロ対象に挙げたのと関連し、チョン・ヨンソン京畿南部地方警察庁長が20日、現場の防護態勢を点検した。

 チョン庁長はこの日、京畿・平沢市の米軍空軍基地を訪問し、施設防護の実態を点検し、現場配置の警察官らを激励した。

 京畿南部庁の管轄地域に属する同空軍基地は国家情報院が19日に明らかにしたISが挙げたテロ対象施設に含まれた場所である。

 国家情報院は前日「ISが国内の米空軍基地や国民をテロ対象に挙げて、施設座標や身元情報をメッセンジャーで公開し、テロを扇動している」と明らかにした。

 チョン庁長は「ISのテロ可能性が高まっている現時点で、テロ対象の主な施設に対する精密な点検や予防活動を通じて、テロを事前に遮断することが重要だ」と述べた。

最終更新:6月20日(月)16時31分

WoW!Korea