ここから本文です

あの無差別殺傷事件をモデルにした「二度と観たくない」と言われるほどの衝撃作とは?

Movie Walker 6/20(月) 21:06配信

海外はもちろん、日本でも多くの作品が作られている“実録犯罪映画”。実際に起きた事件・犯罪を題材にしたこのジャンルは、古くから製作され続け、数々の傑作を世に残している。物語において重要な“結末”が既に知られており、しかも心を抉るような内容のものも少なくない中、観客はなぜこれほどまでに“実録”に魅了されるのだろうか。

【写真を見る】強権的に家族を支配する父親役に扮した三浦友和の怪演も話題に

代表的な日本の名作としてまず挙げられるのが、今村昌平監督の『復讐するは我にあり』(79)。1963年10月に2人を殺害、1964年1月に逮捕されるまで逃亡を続け、合計5名を殺害した「西口彰連続強盗殺人事件」を題材にした小説を緒形拳主演で映画化したもので、徹底したリアリズムが貫かれ、あまりに生々しい殺人シーンに震撼させられる。マーティン・スコセッシが影響を受けたと語り、ポン・ジュノがオールタイム・ベストとして選ぶなど、世界の名監督たちからも支持されている1本だ。

1979年に銀行員と警察官計4人を殺害し、逃亡後に射殺された「三菱銀行人質事件」の犯人をモデルにしているのが、高橋伴明監督の『TATTOO<刺青>あり』(82)。犯行そのものではなく、犯人の生い立ちから事件を起こすまでの姿を描いた人間ドラマで、実録ものとしては異色。高橋監督は、1966年に起きた「袴田事件」をモチーフにした社会派ドラマ『BOX 袴田事件 命とは』(10)も撮っている。

ほか近年の作品でいえば、1993年に起きた「埼玉愛犬家連続殺人事件」をベースにした園子温監督の『冷たい熱帯魚』(10)、同じく園監督が1997年に起きた「東電OL殺人事件」にインスパイアされ撮り上げた『恋の罪』(11)、「上申書殺人事件」を追ったノンフィクション「凶悪 ある死刑囚の告発」を映画化した白石和彌監督の『凶悪』(13)などもある。

そして、そんな日本の実録犯罪映画の歴史に名を刻む新たな1本と言われているのが、現在公開中の『葛城事件』だ。劇団「THE SHAMPOO HAT」を率いる赤堀雅秋が自身が手がけた舞台を映画化した本作は、次男が“無差別殺傷事件”を起こしたある家族が辿る運命を描いた人間ドラマ。本作の元となった13年の舞台版は、2001年に起きた無差別殺傷事件「附属池田小事件」をモチーフに書かれていたが、映画化にあたって赤堀監督は「土浦連続殺傷事件」「秋葉原通り魔事件」「池袋通り魔殺人事件」など、近年起きた様々な事件を参考にしたという。

厳密な“実録もの”とは言えないが、各事件の犯人像やその公判の傍聴記録、事件を起こすに至った背景、家族像などを調べて新たなキャラクターを創出しており、本作で描かれる犯人像やその周囲の人間模様はあまりにリアル。既に「傑作」と評判になっているが、衝撃的な内容から、「二度と観たくない」「エグすぎる」「後味が悪すぎる」との感想も寄せられているほどだ。

観る者の心を深く抉り、複雑な思いを抱かせ、日本映画の事件となって大きな傷を残すに違いない本作。まだ未見の人は、ぜひその強烈さを劇場で目撃してみてほしい。【Movie Walker】

最終更新:6/20(月) 21:06

Movie Walker