ここから本文です

シーモア・バーンスタイン氏 朝鮮戦争参戦者として来韓へ

聯合ニュース 6月20日(月)21時10分配信

【ソウル聯合ニュース】ドキュメンタリー映画「シーモアさんと、大人のための人生入門」の主人公でピアニストのシーモア・バーンスタイン氏が韓国の国家報勲処の招きにより朝鮮戦争参戦者として来韓する。

 国家報勲処は20日、バーンスタイン氏をはじめ朝鮮戦争に参戦した米国人や在外同胞、その家族を招くと発表した。

 約70人が23日から6日間の日程で来韓する。朝鮮戦争66周年記念式典への出席、南北軍事境界線の板門店訪問、国立墓地のソウル顕忠院参拝、戦争記念館での献花などを行うほか、ソウルの梨泰院や仁寺洞などを観光する。

 バーンスタイン氏は1951年4月から1年半の間、米軍兵士として朝鮮戦争に参戦した。最前線で100回を超える公演を行い、戦争の恐怖に苦しむ軍人に癒やしと勇気を与えた。いつ戦闘が起こるか分からないため、ピアノのすぐそばに小銃が置かれていたという。

 バーンスタインさんは24日に開かれる朝鮮戦争参戦者を慰労する会と、27日の感謝の夕食会で演奏する予定だ。

最終更新:6月20日(月)22時3分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。