ここから本文です

【イベンレポ】「2PM」、5度目のアリーナツアーが大阪城ホールで涙の大団円! 3年6か月ぶりの東京ドーム公演の開催を発表

WoW!Korea 6月20日(月)21時55分配信

アジアNo.1野獣アイドル「2PM」が日本デビュー以来5度目となるアリーナツアー「GALAXY OF 2PM」を開催、5都市16公演を行い、大阪城ホールでファイナルを迎えた。

【画像】アリーナツアー「GALAXY OF 2PM」ファイナル

客電が消えると、超満員の会場から悲鳴と、メンバーカラーに彩られたペンライトが点けられ、まさに会場全体がGALAXYと化した。

LEDビジョンと照明によるドラマティックなオープニングが終了するとLEDが大きく反転し、まさに銀河の一片のようなセットが登場、会場の感嘆の声とともに1曲目の「想像してみて」からスタート。メンバーそれぞれのボーカルパートでステージセット内の様々な場所からメンバーが歌いながら登場すると、会場の歓声は最大級に。

その後も「HIGHER」、「ミダレテミナ(BOYTOY crazy mix)」とアッパーチューンでたたみかけ、会場をヒートアップさせた。

オープニングの演出及び、このツアーの衣装のプロデュースをしたウヨンが最初のMCで「このツアーはいつもより、意味深いツアーです。最後まで後悔のないように楽しみましょう! 」と話すと、観客は満天のペンライトをかざして応えた。

このツアーは、オリコンウィークリーランキング1位(5月9日付け)を記録した彼らの5枚目のアルバム「GALAXY OF 2PM」からの楽曲を中心に、日本デビュー曲「Take off」や韓国のデビュータイトル曲「10 out of 10 (10/10)」など大ヒット曲を散りばめた、現在の「2PM」を感じられる充実の内容となった。

中盤の、テギョンがプロデュースした楽曲「忘れないで」ではセンターステージがそのまま上昇し、会場後方までスライディングするという演出で、観客は大興奮。会場全体が早くも一体化となった。

今回のソロステージは、メンバー内でのユニット楽曲を披露。まずは、ニックンとウヨン、そしてJUNHOとチャンソン、最後はJun. Kとテギョンがそれぞれ個性的なパフォーマンスを繰り広げたのも、このツアーの大きな見せ場となった。

アンコールでは、JUNHOがプロデュースしたバラード「一緒に過ごした時間」を情感たっぷりに歌唱、このアリーナツアーで6人での全国ツアーは一旦最後となるため、メンバーそれぞれが万感の思いで最後のMCを話すと会場は涙に包まれ、それに応えるように涙するメンバーも。ツアー最終日は特別に、ウヨンがプロデュースした新曲「天の川~GALAXY~」を壮大に歌唱、会場は感動の渦につつまれた。

すべてのパフォーマンスが終わり、メンバーの口から「最後にみなさんとお会いできる機会を作りました。僕たち「2PM」は東京ドーム公演を行います! 」と発表すると、会場は笑顔と涙で満たされ、興奮冷めやらぬまま大団円を迎えた。

ライブの模様は全国の映画館でライブビューイングで生中継され、二日間で134劇場でおよそ35000人を動員した。




2PM ARENA TOUR 2016「GALAXY OF 2PM」
6月18日大阪城ホール公演セットリスト
Opening~
M-1. 想像してみて
M-2. HIGHER
M-3. ミダレテミナ (BOYTOY crazy mix)
M-4. TEASER
M-5. SET ME FREE
M-6. Everybody
M-7. 彼女 (NICHKHUN×WOOYOUNG)
M-8. 忘れないで
M-9. So Wonderful
M-10. Talk about your love
M-11. My House –Japanese ver.-
M-12. Merry-go-round
M-13. I’m you man
M-14. Slender Man
M-15. VERSUS (JUNHO×CHANSUNG)
M-16. EVEREST
M-17. THE BLUE LIGHT
M-18. Miss Wonderful
M-19. SO GOOD
M-20. Oh
M-21. I LOVE U, U LOVE ME
M-22. 10 out of 10 (10/10)
M-23. Hands up
M-24. Take off
M-25. 50 50 (JUN. K×TAECYEON)
EN-1. 一緒に過ごした時間
EN-2. Shining Star
EN-3. NEXT Generation
EN-4. 天の川~GALAXY~

最終更新:6月20日(月)22時49分

WoW!Korea