ここから本文です

ユチョン(JYJ)告訴事件、“第1の女性”が約9000万円を要求していた

WoW!Korea 6月20日(月)22時43分配信

性的暴行容疑で韓国俳優兼歌手パク・ユチョン(30)を最初に告訴した“第1の女性”とされるAさんが、巨額の示談金を要求していたことがわかった。

ユチョン(JYJ)のプロフィールと写真

 ユチョン(JYJ)の弁護人が20日、ソウル・江南(カンナム)警察署に提出した告訴状によると、Aさんは今月7日にユチョンの所属事務所C-Jesエンタテインメントに電話をかけて「性的暴行を受けて韓国では暮らしていけないので、中国に行って暮らす」とし、示談金10億ウォン(約9000万円)を要求してきたという。

 また所属事務所関係者と会う場に現れた人物は、Aさんの交際相手の男性とソウルの暴力組織出身の男性だった。暴力組織出身の男性は「示談金を5億ウォン(約4500万円)まで下げてもいい」と主張していたという。

 しかし所属事務所側はそれを拒否したところ、Aさん側はその日に告訴した。

 弁護人関係者はこの日、江南警察署を訪れてAさんを相手に恐喝・虚偽告訴罪の容疑で告訴状を提出した。ユチョン側は、Aさんに続いてBさん、Cさん、Dさんに対しても告訴状を提出する予定だという。

 一方、警察は現在、ユチョン告訴事件の専門担当チームを構成し、捜査に全力を挙げている。近日中にユチョンを召喚して取り調べを行う方針。

最終更新:6月20日(月)22時43分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。