ここから本文です

ジョン・ポール・ジョーンズ、「天国への階段」著作権裁判で証言

BARKS 6月23日(木)8時37分配信

金曜日(6月17日)、LAの連邦裁判所でレッド・ツェッペリンの代表作の1つ「Stairway To Heaven」(1971年)の著作権をめぐる陪審裁判(4日目)が開かれ、ジョン・ポール・ジョーンズが証人として出廷した。

◆レッド・ツェッペリンIV画像

元バンド・メイトのジミー・ペイジとロバートプラントは、「Stairway To Heaven」のイントロが1968年にアメリカのバンド、スピリットが発表したインストゥルメンタル・トラック「Taurus」に酷似していると訴えられているが、ジョーンズは、ペイジがスピリットについて話したことはなく、彼自身、スピリットが演奏しているのを見たこともないし、メンバーに会ったこともないと話したという。

また、同じくペイジとプラント側の証人として、音楽学者でニューヨーク大学の教授Lawrence Ferraraが出廷し、(他の専門家は類似点が多いと指摘したが)似ている部分は限られており、ああいったマイナーコードの進行は300年も前から使われていると証言したそうだ。彼は電子ピアノで「My Funny Valentine」やザ・ビートルズの「Michelle」などを演奏し、どれだけ多くの曲で似たようなコード進行がみられるか説明したという。また、「Taurus」と「Stairway To Heaven」もプレイし、2つの曲の違いを指摘したそうだ。

公判は今週も続く。

Ako Suzuki

最終更新:6月23日(木)8時37分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。