ここから本文です

悲哀のメロディック・デス・メタル、MY MATERIAL SEASONの最新ミニ・アルバムは6部の組曲構成からなる1曲20分以上に及ぶ大作

BARKS 6月20日(月)12時7分配信

悲哀のメロディック・デス・メタル、MY MATERIAL SEASONが、6月22日に最新ミニ・アルバムをリリースする。

MY MATERIAL SEASONは、2005年にYoshihiro Nozaki(Ds、Key)を中心に結成されたメロディック・デス・メタル・バンド。最新ミニ・アルバムは、オーケストラとピアノを取り入れた、6部の組曲構成からなる1曲20分以上に及ぶ大作となっている。

2014年に発表した3rdフル・アルバム『Awaking to the Piano Dramatic』は、AFTERZERO、THOUSAND EYES、UNDEAD CORPORATIONの窪田道元(Vo)が3曲、やGYZEのRyoji(Vo、G)等が2曲でゲスト参加している点でも注目を集めたが、今作は本来のヴォーカリストであり、VeiyadraやMyocardial Infarctionなどでも活動するAkihiro Muto(Vo)を全面的にフィーチュア。

様々な展開を見せながらドラマティックに疾走する楽曲に、流麗なギター・ソロと日本人の涙腺を刺激しまくる叙情メロディが炸裂する、まさに日本人だからこそ作り出すことが出来た珠玉の1枚となっている。

ミニアルバム『Desire in the Black Material』
2016年6月22日発売
品番:WLKR-012 定価:\1,600+税
■収録曲目
1.Dirty Desire
2.Black Beauty
3.Secret Wish
4.Vanity
5.Black Material
6.Void

店舗別特典内容
■タワーレコード限定特典
「Void」デモ音源収録CD-R
■HMV ONLINE限定特典
「Vanity」デモ音源収録CD-R
■ディスクユニオン限定特典音源CD-R
「Dirty Desire」デモ音源収録CD-R

最終更新:6月20日(月)12時7分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。