ここから本文です

【インド】職場の生産性向上にヨガが人気―ASSOCHAM調べ

INDO WATCHER ビジネスプレミアム 6月20日(月)18時27分配信 (有料記事)

 生産性の向上と離職率の低減を目的にヨガの導入を検討している企業は全体の53%に上る――国際連合が定める6月21日の「国際ヨガの日」を前に、このような調査結果が明らかとなった。PTI通信が6月19日付で報じている。

 インド商工会議所連合会(ASSOCHAM)の調査によると、回答者の約45.5%が鬱(うつ)または不安障害に苦しんでいるほか、肥満(23%)に悩まされているという。

 さらにおよそ会社員の40.5%は、1日の睡眠時間が6時間以下であることも判明。会社側が設定した高いノルマに起因する重度のストレスによるもので、睡眠不足は結果としてうつ状態、高血圧、糖尿病などを引き起こしているとされる。本文:1,144文字 この記事の続きをお読みいただくには、INDO WATCHER ビジネスプレミアムの購入が必要です。

  • 通常価格:
    378円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:6月20日(月)18時27分

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。