ここから本文です

市のユニバーサルデザイン指針を共栄高放送部が音訳

両丹日日新聞 6月20日(月)8時15分配信

CDにして視覚障害者へ送付

 京都府福知山市は、年齢や性別、身体の状況などに関わらず、誰もが安心して訪れ、快適に生活できるまちづくりの方向性を示す「市ユニバーサルデザイン推進指針」を3月に策定した。この情報を視覚障害のある人たちにも届けるため、13日から東羽合の京都共栄学園高校放送部(池内佳連部長)の協力を得て、音訳化を進めている。

 放送部には1年~3年生の11人が所属しており、2年生の池内部長を中心に7人が録音作業にあたっている。顧問の林慶英・常勤講師の助言も受けながら、部員たちが聞く人のことを考えて、声の大きさなどを調整しながら、作業を進めている。

 池内部長は「大きな取り組みで、依頼を受けたときは本当にうれしかった。一からCDを作るめったにない機会で、不安もありますが、できる限り期待に応えられるように頑張りたい」と意気込んでいる。

 音訳が終わると、市が点字を打ったカバーケースにCDを入れて、対象者に送付する予定にしている。

両丹日日新聞社

最終更新:6月20日(月)8時15分

両丹日日新聞