ここから本文です

リオ五輪最終予選を制したのはスペイン! 決勝でサモアに劇的勝利!

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 6月20日(月)13時8分配信

 スペインの男たちが歓喜し、泣いた。今夏、ついにオリンピアンとなる。
 リオデジャネイロオリンピック出場への最後の1枠をかけた男子セブンズ最終予選が、6月18、19日にモナコで開催され、スペインが強豪のサモアを22-19で下し、夢舞台の切符を手にした。

2勝して帰る。スコットランドの天才 スチュアート・ホッグ、自信あふれる。

 劇的なフィナーレだった。

 準々決勝でアイルランドに12-7と逆転勝ちしたスペインは、準決勝でワールドセブンズシリーズのコアチームであるロシアと対戦し、17-12で勝利。2点を追い、フルタイムを報せるサイレンが鳴るなか、スペインはラストプレーで自陣深くから懸命につなぎ、敵陣22メートルライン付近右のラックから持ち出した選手がショートサイドを抜けてゴールに持ち込み、ドラマチックな逆転勝ちでリオへの望みをつないだ。

 そして決勝では、かつてワールドシリーズ総合チャンピオンになったことがあり、今年5月のパリセブンズで優勝した“本命”のサモアに挑戦。
 準決勝でドイツに苦戦したサモアは決勝でも立ち上がりが悪く、スペインが連続トライで12-0とリードしたが、パワーとスピード、そして個人技があるサモアは前半8分頃からようやくエンジンがかかり、3連続トライで12-19とゲームをひっくり返した。
 それでもスペインは食らいつき、後半6分にキックを使ってトライを奪い2点差に詰めると、数分後にはカウンターアタックでブレイクスルーしたサモアの選手を猛追して止め、ピンチをしのいだ。
 そして、残り1分を切り、スペインはゴール前でラインアウトのチャンスを迎える。右へ大きく回し、必死のサモアに止められたが反則があり、ゴール前右サイドでPKが与えられた。残り10秒。スペインはタップキックから攻め、左へ大きく展開、タックラーを引きつけた選手が仲間につないで逆転トライが生まれ、劇的な幕切れとなった。

 リオ五輪に出場する男子の全12か国は以下のとおり。
 女子の最終予選は6月25、26日にアイルランドのダブリンでおこなわれる。


<夏季オリンピック 2016 リオデジャネイロ大会/男子セブンズ出場国>

ブラジル(開催国)、フィジー、南アフリカ、ニュージーランド、イギリス(以上、2014-15 ワールドシリーズ 上位4か国)、アルゼンチン(南米)、アメリカ(北米・カリブ)、フランス(欧州)、オーストラリア(オセアニア)、ケニア(アフリカ)、日本(アジア)、スペイン(最終予選)

最終更新:6月20日(月)13時8分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]