ここから本文です

<高校陸上>女子200、埼玉栄・芝田が初V 400と2冠/北関東

埼玉新聞 6月20日(月)3時20分配信

(19日)

 (第3日・駒沢オリンピック公園陸上競技場)

 男女計8種目の決勝などが行われ、埼玉県勢は2種目で頂点に立った。

 女子200メートルは芝田望笑(埼玉栄)が24秒74で初の栄冠を獲得。初日の400メートルと合わせ、2冠に輝いた。男子やり投げは相沢潤一郎(西武台)が2投目に62メートル74をマークし、初優勝を飾った。

 男子走り高跳びでは1年生秋山智也(武南)が2メートル01の自己ベストで準優勝。このほか女子走り幅跳びの2年生小野瀬桃華(埼玉栄)、男子200メートルの斉藤斗把(春日部東)、同5000メートル競歩の榊原颯音(本庄東)もそれぞれ2位に入った。

 男女とも上位6人(競歩4位、混成種目3位までと4~6位の全国記録上位5位)までが全国高校総体(7月29日~8月2日・岡山)に出場する。

最終更新:6月20日(月)3時20分

埼玉新聞