ここから本文です

空間光学ブレ補正を搭載したソニーのウェアラブルカメラ、4K対応「FDR-X3000」とフルHD機「HDR-AS300」

Stereo Sound ONLINE 6/20(月) 12:00配信

ブレを強力に抑えた安定の絵づくりを実現

 ソニーのウェアラブルカメラ、アクションカム「FDR-X3000」「HDR-AS300」が6月24日に発売される。本体のみと、ライブビューリモコン付きのキットが用意されており、想定市場価格は以下の通り。

●FDR-X3000(本体のみ):¥50000前後
●FDR-X3000R(リモコンキット):¥65000前後
●HDR-AS300(本体のみ):¥40000前後
●HDR-AS300R(リモコンキット):¥55000前後

 FDR-X3000およびHDR-AS300とも昨年登場したFDR-X1000V、HDR-AS200Vの後継機にあたる。FDR-X3000は4K/30p、HDR-AS300はフルHD/60p撮影に対応しているほかは、基本構成は共通している。

 両機の最大の特長は、同社のハンディカムで好評の空間光学手ブレ補正技術を小型化した、「空間光学ブレ補正」をアクションカムとして初めて搭載しているところ。

 これは光学系全体が浮いているような状態に保ってブレを補正するもので、従来の電子式ブレ補正に比べて、手持ちや歩きながらの撮影といった激しいブレでも強力に抑えることができるという。さらに、4Kやハイスピード撮影時にも有効な上、3段階の画角選択(Wide/Medium/Narrow)も可能だ。

 デモでは、レンガ敷きの道を走る自転車のハンドルに取り付けたブレ補正未搭載モデルと、空間光学ブレ補正搭載機絵を見せてもらった。非搭載モデルはガタガタと細かい揺れが伝わる絵で、長い時間観ると酔いそうだったが、空間光学ブレ補正の絵は揺れが抑えられ安定しており、安心して観ることができた。

 センサーには総画素数857万画素の1/2.5型Exmor R CMOSセンサーを搭載。画像処理エンジンはBIONZ X、映像コーデックにはXAVC S/MP4を採用し、4Kは最大100Mbps、フルHDは最大50Mbpsの高ビットレートで記録できる。

 また、新開発のカールツァイス「テッサー」レンズは、映像周辺部の湾曲を軽減することに成功し、広角撮影でも自然な映像が撮れるようになったという。明るさはF2.8で、焦点距離はWide=17mm、Medium=23mm、Narrow=32mmから選べるほか、3倍のデジタルズームも備える。

 本体は防滴仕様で、三脚用のネジ穴も内蔵した上で従来機より小型化を果たした。加えて、水深60mに対応可能な防水ハウジングも付属する。

1/2ページ

最終更新:6/20(月) 12:00

Stereo Sound ONLINE