ここから本文です

錦織と対戦予定だった世界192位マイヤーが優勝<男子テテニス>

tennis365.net 6月20日(月)0時35分配信

ゲリー・ウェバー・オープン

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)は19日、シングルス決勝が行われ、世界ランク192位のF・マイヤー(ドイツ)が19歳のA・ズベレフ(ドイツ)を6-2, 5-7, 6-3のフルセットで下し、2011年以来5年ぶり2度目のツアー優勝を果たした。

フロリアン・マイヤー 選手詳細情報

今大会、マイヤーは1回戦でB・ベッカー(ドイツ)を破り初戦突破。2回戦では第2シードの錦織圭(日本)と対戦する予定だったが、錦織の左脇腹負傷により労せず8強入り。その後、準々決勝で昨年準優勝のA・セッピ(イタリア)、準決勝で第3シードのD・ティエム(オーストリア)、そして決勝では若手期待のズベレフを下し、タイトルを獲得した。

32歳のマイヤーが最後に優勝したのは2011年のブカレスト大会だった。自己最高の世界ランキングは2011年の18位で、グランドスラムでは2011・2012年のウィンブルドンでベスト8へ進出している。

一方、敗れたズベレフはキャリア初優勝を飾ることが出来なかった。今大会では準決勝で4連覇を狙っていた第1シードのR・フェデラー(スイス)を破っての勝ち上がりだった。

tennis365.net

最終更新:6月20日(月)0時35分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。