ここから本文です

[速報EURO26]3枚のユニフォームが破れ、ボールまで裂ける珍試合に選手も唖然! フランスが引き分けでグループA首位通過

theWORLD(ザ・ワールド) 6月20日(月)5時51分配信

グループAの上位対決に

グループA_3 スイス 0-0 フランス 6月19日/リール(日本時間04:00キックオフ)

第1戦、そして第2戦と続けて終了間際の決勝ゴールにより勝ち点を6に積み上げたフランスが、スイスとグループステージ3戦目を戦った。フランスはすでに決勝トーナメント進出を決めており、スイスも引き分け以上でグループステージからの突破を果たすことができる。FIFAランクではフランス(17位)よりも上に付く15位のスイスだが、ホスト国を相手にどのような戦いを見せるだろうか。

若干のメンバーを変更して臨んだフランスは、キックオフ直後からスピーディな展開でスイスを翻弄する。ピッチ上を縦横無尽に駆け巡るポグバが突出した存在感を発揮し、左足での素晴らしいミドルシュートがバーを叩くシーンも。一方のスイスは数少ないチャンスからカウンターを仕掛け、素早い攻撃を模索するも、なかなかスペースを見つけることができない。前半は互いに最後の局面を打開するには至らず、スコアレスのまま終了。後半へ折り返す。

ハーフタイムを経て、スイスはボール支配率を高めると前半に比べ積極的な攻撃を展開。逆にフランスは少ないポゼッションから効率的な仕掛けを見せ、グリーズマンが巧みなドリブルから幾度かチャンスを演出していく。63分にはコマンを下げて今大会のヒーロー、パイェを投入したフランスが、徐々に支配率を高め、スイス陣内へ切り込む。75分にはそのパイェが素晴らしいボレーシュートを放つも、強烈なシュートはバーを直撃。しかしながら最後まで決着はつかず、試合はスコアレスドローで終了している。

3枚のユニフォームが破れ、ボールも裂けるという珍事が重なったこの一戦だが、ピッチ上には引き分けで良しとする空気感が漂い、終盤は互いに積極性を欠く“守りの姿勢”が目立った。最終的にグループAを首位突破したのはフランスとなり、スイスが2位で通過。前者はホスト国として、まずは最低限のノルマを果たした格好だ。


[スイス代表]

監督  ヴラディミル・ペトコヴィッチ

GK
ヤン・ゾマー(ボルシアMG/ドイツ)

DF
シュテファン・リヒトシュタイナー(ユヴェントス/イタリア)
ファビアン・シェア(ホッフェンハイム/ドイツ)
ヨアン・ジュルー(ハンブルガー/ドイツ)
リカルド・ロドリゲス(ヴォルフスブルク/ドイツ)

MF
グラニト・ジャカ(ボルシアMG/ドイツ)
ヴァロン・ベーラミ(ワトフォード/イングランド)
ブレリム・ジェマリ(ジェノア/イタリア)
ジェルダン・シャキリ(ストーク/イングランド)
アドミル・メフメディ(レヴァークーゼン/ドイツ)

FW
ブリール・エンボロ(バーゼル)


交代出場

74分 ハリス・セフェロビッチ(フランクフルト/ドイツ)
(エンボロ OUT)
79分 ジェルソン・フェルナンデス(レンヌ/フランス)
(シャキリ OUT)
85分 ミヒャエル・ラング(バーゼル)
(メフメディ OUT)


[フランス代表]

監督 ディディエ・デシャン

GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)

DF
バカリ・サニャ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ローラン・コシエルニー(アーセナル/イングランド)
アディル・ラミ(セビージャ/スペイン)
パトリス・エヴラ(ユヴェントス/イタリア)

MF
ヨアン・キャバイエ(クリスタル・パレス/イングランド)
ムサ・シソコ(ニューカッスル/イングランド)
ポール・ポグバ(ユヴェントス/イタリア)

FW
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/スペイン)
アンドレ・ジニャック(ティグレス/メキシコ)
キングスレイ・コマン(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)



交代出場

63分 ディミトリ・パイェ(ウェストハム/イングランド)
(コマン OUT)
78分 ブレーズ・マテュイディ(パリ・サンジェルマン)
(グリーズマン OUT)




theWORLD(ザ・ワールド)は、
コパ・アメリカおよびEURO2016の全83試合を速報します!
大会中(6月23日)に、無料電子マガジンも刊行予定。
http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月20日(月)7時21分

theWORLD(ザ・ワールド)