ここから本文です

どうした、小西真奈美!? ラッパーデビューが好評

dmenu映画 6/20(月) 20:30配信

女優の小西真奈美が、ラッパーデビューしていた……! なんと、あのKICK THE CAN CREWのKREVAによる名曲「トランキライザー」をカバーして、iTunes Storeのヒップホップ部門1位を獲得するほどの好評を博しています。小西に一体何があった!?

癒し系ラップに称賛の声

KREVAはじめ、KICK THE CAN CREWのメンバーが所属する芸能プロダクション、エレメンツの自社スタジオが建物の取り壊しに伴い13年間の歴史に幕を下すこととなりました。そこでスタジオの音や空気を後世に残すべく、エレメンツ所属のアーティストに加え、同じく所属するミュージカル女優の綿引さやかや小西真奈美たち役者も集結して、スタジオトリビュートアルバム『monday night studio(R) session』(6月8日リリース)が制作されました。

そのなかで小西は、KREVAによる音楽劇『最高はひとつじゃない 2016 SAKURA』でも披露した「トランキライザー」をカバーしています。アルバムリリースに先駆けて、5月23日より先行配信されたのですが、なんとiTunes Storeのヒップホップ部門で1位を獲得するほど注目を集めました。ネット上では、

「この歌声には癒される」
「癒し系ヒップホップというか、なにか新しい革命の音を聴いたような気がしました」
「小西真奈美のトランキライザーはクセになるな」
「ウィスパーボイスラップたまらんよ~」

といった称賛の声が上がっています。

小西真奈美は「未だラップの定義がわかっていない」

百聞は一見(?)に如かず。小西真奈美の「トランキライザー」を聞いてみると、オリジナル版と違ってとっても癒し系! ウィスパーボイスで歌われる楽曲は、ちゃんとリズムにのっているのに、どこかふわふわした不思議な印象です。色っぽく、それでいて少女のようなあどけなさもあり……。歌手デビュー曲とは信じられないくらい奥行きのある表現は、やはり女優としての力が成せる業でしょうか。小西は楽曲について「未だラップの定義がわかっていない私ですが、楽曲に対する想いは、ファンの皆様と同じくらいあるつもりでいます。“感じるままに歌ってみたらこうなりました”という私なりの表現方法を楽しんで頂けたら嬉しいです」とコメントしています。

1/2ページ

最終更新:6/20(月) 20:30

dmenu映画

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]