ここから本文です

アンバー・ハード&ジョニー・デップの公聴会が延期

ELLE ONLINE 6月20日(月)20時11分配信

6月17日(金)に開催が予定されていたアンバー・ハードとジョニー・デップの公聴会。8月に延期されたそう。今回の公聴会はすでに出されている一時的接近禁止命令を恒久的なものにするかを決めるもの。関係者によるとこれは「ジョニー側の弁護士チームからの要請。アンバー側からではない」とか。8月に裁判が再開されるまで、ジョニーに出されている接近禁止命令は継続されるそう。

先週アンバーは宣誓供述を拒否していると報じられたけれど、これも一転。『USウィークリー』が入手した書類によると、アンバーは「裁判所に証人として呼ばれたら、証言することができる」と宣言しているそう。彼女の友人で、家庭内暴力の実態を知っているとみられるラクエル・ペニントンも同様の宣誓書を出したとか。

8月まで延期したのはジョニー側がDVを否定するための準備に追われているからなのか、それとももっと他に理由があるのか。ちなみに現在2人は「争議を調停するためのミーティングだけで接触することができる」らしいけれど、弁護士チームが電話会議で話し合うことが多いもよう。8月まで2人&弁護士チームの動きを要チェック!(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6月20日(月)20時11分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。