ここから本文です

9800円で3日間、特急も乗り放題 JR四国が若者向けきっぷ発売

乗りものニュース 6月20日(月)12時0分配信

春休みに続き、夏休み期間にも発売

 JR四国は2016年6月17日(金)、夏休み期間にあわせ「若者限定四国フリーきっぷ」を発売すると発表しました。

 きっぷの利用開始日において満25歳以下の人が対象。利用できる期間は7月20日(水)から9月12日(月)までです。発売期間は今日6月20日(月)から9月10日(土)までで、出発日の1か月前から当日まで購入できます。

 このきっぷを使うと、JR四国全線(瀬戸大橋線は児島駅まで)の特急、普通列車の普通車自由席と、土佐くろしお鉄道・窪川~若井間の普通列車の普通車自由席、そしてジェイアール四国バスのうち、路線バスの大栃線(土佐山田駅~アンパンマンミュージアム前~大栃)と久万高原線(松山駅~久万高原~落出)が3日間乗り降り自由になります。なお、寝台特急「サンライズ瀬戸」は利用できません。

 発売場所はJR四国の駅にある「みどりの窓口」や「ワーププラザ」、「ワープ」支店、四国内の主な旅行会社、ネットショップ「夢四国」です。JR四国は「今年の夏休みは、ぜひ『若者限定四国フリーきっぷ』で、四国の鉄道の旅をお楽しみください」としています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6月20日(月)15時17分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]