ここから本文です

欧州最大級フェス「Sonar」ピッチコンテスト優勝--KAGURA 中村俊介に聞く喜びの声・今後の展開

SENSORS 6/20(月) 12:30配信

身体の動きをPCに付属のカメラで認識することで直感的に音楽を演奏できるソフトウェア「KAGURA」が、バルセロナで6月16~18日にて開催されたヨーロッパ最大級のフェス「Sonar 2016」内の「Startup Competition」で優勝。更にグローバルで投資を手掛けるエンジェル投資家によるネットワーク「Keiretsu Forum」による特別賞も受賞というダブル受賞となった。

ヨーロッパを中心に、世界中から集まった100数社から選ばれた30社が登壇

「Sonar」は“Music, Creativity and Technology“を掲げて1994年から開催されているフェスティバルで、「Sonar +D」は2013年にそれまでの業界人向けカンファレンスにテクノロジー、スタートアップ要素を加えたカンファレンス。今年はVR、AI、データなど最新のテーマを取り入れた展示やトークセッション、プロダクトのデモンストレーションが行われている。

KAGURAは、これまでもIntel Perceptual Computing Challengeでの優勝、Microsoft Innovation Awardのサムライインキュベート賞など様々な賞を獲得しているが、今回はヨーロッパを中心に世界中から集まる、エンターテック・スタートアップ100数十社から選ばれた30社が「Startup Garden by RICOH」で展示を行い、さらに審査に残った10社がファイナリストとしてピッチを行った。

6月17日朝10時30分(現地時間)から行われたピッチコンテストでは、既にAppStoreでフィーチャーされているアプリを提供するスタートアップや、エンタメ企業との豊富な取引実績のあるスタートアップも顔を並べた。

KAGURAのピッチでは、CEOの中村俊介氏がPCからモニターに出力できないといったトラブルを乗り越えてデモとプレゼンを行い、質疑応答ではアドバイザーを務めるエンターテック・アクセラレーター鈴木貴歩氏がビジネス面の質問に回答。

1/3ページ

最終更新:6/20(月) 12:30

SENSORS