ここから本文です

内田海智がダブルスで今季3勝目 [バッファロー/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月20日(月)9時0分配信

 アメリカ・ニューヨーク州バッファローで開催されたITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「サージェント&コリンズ LLP 男子1万ドルフューチャーズ」(6月13~19日/賞金総額1万ドル/ハードコート)で、内田海智(富士薬品)がハンス・ハッチ(メキシコ)とのペアで第1シードで出場したダブルスで優勝を果たした。

内田海智は2週連続準優勝 [スウェーデンF2フューチャーズ]

 内田はシングルスでは第3シードで臨んだが、1回戦でMikael TORPEGAARD(デンマーク)に0-6 3-6で敗れ、上位進出はならなかった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【シングルス1回戦】

●9内田海智 (富士薬品) [3] 0-6 3-6 ○10Mikael TORPEGAARD(デンマーク)

------------------------

【ダブルス決勝】
○1ハンス・ハッチ/内田海智(メキシコ/富士薬品)[1] 6-2 6-3 ●13Farris Fathi GOSEA/ティム・コピンスキー(イギリス/アメリカ)

------------

【ダブルス準決勝】
○1ハンス・ハッチ/内田海智(メキシコ/富士薬品)[1] 6-3 6-2 ●5Pavel KRAINIK/ローリー・スミス(カナダ/アメリカ)[4]

------------

【ダブルス準々決勝】
○1ハンス・ハッチ/内田海智(メキシコ/富士薬品)[1] 6-1 6-4 ●3Patrick DACIEK/Maksim TIKHOMIROV(アメリカ)

------------

【ダブルス1回戦】
○1ハンス・ハッチ/内田海智(メキシコ/富士薬品)[1] 6-4 7-5 ●2ダニエル・ガーザ/アグスティン・モレノ(メキシコ)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月20日(月)9時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。