ここから本文です

腰は低く、コシ強く 香川県高松市

日本農業新聞 6/20(月) 12:31配信

 高松市の道の駅「源平の里むれ」が販売する、うどんの食品サンプルをあしらった「さぬきうどん名刺ケース」が人気を集めている。

 香川県の名物、さぬきうどんにちなんだ商品として企画し、市内の食品サンプル製作会社が手掛けている。「釜玉うどん」「えび天うどん」「ちくわ・半熟卵天うどん」の3種あり、仕事中に身だしなみを整えられるようにと、ふたの内側に鏡を付けてある。

 ビジネスマンや観光客の人気を集め、2011年の販売開始からこれまでに6000個ほどが売れた。価格は1個888円で、ネット通販もしている。

 同道の駅の長谷川旭さんは「実際に使ってうどん県の香川をアピールしてほしい」と話す。(富永健太郎)

日本農業新聞

最終更新:6/20(月) 12:31

日本農業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。