ここから本文です

GACKT「最高のステージを届けられることを楽しみにしてます」

MusicVoice 6月20日(月)19時4分配信

 ミュージシャンのGACKTが、7月3日にさいたまスーパーアリーナで全国ツアー「GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestle」のツアーファイナルを開催する。この「最期のライブ」に向けてのメッセージが「GACKT OFFICIAL YOUTUBE CHANNEL」、「DISK GARAGE」、「DI:GA online」などで配信された。

 「7月3日のさいたまスーパーアリーナで遂にファイナルを迎えます」から始まり、「最高のステージを届けられることを楽しみにしています」と語る言葉からは、約4ヶ月にも及ぶツアーで蓄積された全国のファンからもらったパワーを感じさせる。

 3月19日に埼玉県三郷市文化会館からスタートした全国ツアーは、現在おこなわれているライブも含め全30箇所、42公演にも及ぶ。

 このツアーの間にも6年ぶりのアルバム『LAST MOON』のリリース、新宿ステーションスクエアーで行なれたゲリラライブなど、過密スケジュールの中で行われたツアーにもかかわらず、各地たくさんのファンからの声は「感動」「最高」「忘れられない」など、このライブに対する讃美の声が後を絶たない。最終日のさいたまスーパーアリーナでは総数10万人を超える動員が予想される。

■ツアー情報

GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestle

21日 鹿児島県 鹿児島市民文化ホール第一(市丸グループ presents GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- in 鹿児島)
25日 沖縄県 沖縄市民会館 大ホール
26日 沖縄県 沖縄市民会館 大ホール
7月2日 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
7月3日 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ

最終更新:6月20日(月)19時4分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。