ここから本文です

コインも対応 余った外貨を電子マネーに 羽田で7月からサービス開始

乗りものニュース 6/20(月) 14:16配信

サービス開始時点は米ドル、ユーロ、日本円に対応

 ポケットチェンジ(東京都港区)は2016年6月17日(金)、海外旅行の際に余った外国の硬貨や紙幣を投入することで、希望の電子マネーや各種ギフトコード、クーポンなどに両替できる専用端末を開発したと発表しました。

 2016年6月中旬から楽天本社社屋(東京都世田谷区)に、同7月から羽田空港国際線ターミナルに設置し、サービスを開始する予定です。

 利用者は端末のタッチパネル上で交換先サービスを選択し、お金を投入。非接触ICカード型電子マネーの場合は、カードなどを端末のリーダーライター部分にかざすだけでチャージが可能です。サービスを利用する際、メールアドレスや電話番号といった個人情報の登録は不要といいます。2016年6月時点での対応通貨は米ドルとユーロ、日本円で、今後ほかの通貨にも対応していくとのこと。

 ポケットチェンジは、羽田空港への導入を皮切りに、以後、国内主要空港をはじめ、海外各国空港への設置を積極的に進めていくとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6/20(月) 14:50

乗りものニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革