ここから本文です

【動画】西日本で大雨続く 東日本も雷雨(20日19時更新)

ウェザーマップ 6月20日(月)19時11分配信

ウェザーマップ

 21日(火)にかけて、西日本では大雨が続くでしょう。また、東日本も大気の状態が非常に不安定となり、雷雨のおそれがあります。

 20日(月)は、西日本で大雨となり、宮崎県では降り始めからの雨量が350ミリを超えている所があります。九州を中心に土砂災害に警戒してください。

 21日(火)も本州付近の梅雨前線は活動が活発で、西日本ではさらに雨の量が増えそうです。また前線上に低気圧が発生して、東に進むため、雨の範囲が東日本にも広がるでしょう。

 21日(火)の夕方にかけて、予想される雨の量は、九州北部・南部と四国で150ミリ、中国地方と近畿で120ミリ、東海と関東甲信で100ミリです。特に激しい雨が降りやすい時間帯は、西日本で朝まで、東海で昼前、関東甲信は昼過ぎから夕方にかけてです。各地とも急な激しい雨や落雷、突風、ひょうに注意してください。

 21日(火)の予想最高気温は、20日(月)と同じか高く、東海から西では30℃以上の真夏日となる所があるでしょう。(気象予報士・山口津香沙)

最終更新:6月20日(月)19時32分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。