ここから本文です

新田恵利、脳動脈瘤(りゅう)の手術を受けていた……医師は「難しい手術だった」

トレンドニュース(GYAO) 6月20日(月)18時4分配信

元おニャン子クラブの新田恵利が、脳動脈瘤の手術を受けたことがわかった。すでに退院しており、仕事復帰もしている。

新田は6月20日にブログで、手術を受けたことを報告した。脳動脈瘤は2013年放送の番組で検査を受けたところ発見されたもので、年に1回経過観察をしていたが、今年の検査結果で腫瘍が大きくなっていることがわかったため、すぐに再検査、検査入院となったそうだ。

新田は「先週の月曜日に入院し、水曜日に手術。手術は無事に終わったものの、凄腕の担当医から『難しい手術でした』と」と明かす。そして「もしも…」を考えた結果、退院後の今のタイミングでの発表になったと説明した。

18日に退院し、翌19日から仕事復帰している。新田は「土曜日の退院はちょっと無謀だと、病院関係者の方は苦笑い それでも許可してくださり、ありがとうございました」と感謝。「『死』というものとの距離が縮まった時、そしてその時が過ぎ去った時、改めて『生かされている』事に感謝です」とつづり、「皆さん、私は元気 心配しないで下さい」とファンに呼びかけた。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:6月20日(月)18時4分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。