ここから本文です

温泉地・別府が地震で激減した客呼び戻すCMを公開 女将も一肌脱いだ

BuzzFeed Japan 6月20日(月)18時26分配信

「別府は元気に営業中です!」

日本有数の温泉地・大分県別府市。熊本地震の影響で宿泊キャンセルが相次いだ。その数は地震直後の8日間で推定約11万人。被害総額は13億7千万円にのぼるという。

【動画】別府市が製作したCM

「夏休みまでに別府に観光客を呼び戻そう」

そんな願いを込めてつくられたCMが6月20日、公開された。
【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

出演しているのは、みんな地元の人たちだ。

湯もみをしながら「温泉がただの垂れ流しじゃ」と叫んでいるのは、ホテルの社長。「サービスショットよ」と湯船でつぶやくのは、もちろん本物の女将。そしてハッシュタグ「#welovebeppu」の拡散を訴えるご老人は、素人の別府市民だ。

CMの最後では、ツイッターやフェイスブックの呼びかけに応じて集まった市民150人が、長野恭紘市長と一緒に「別府に、遊びに来てください」と何度も呼びかける。

別府市では地震当日、震度6弱の揺れを観測した。

しかし、被害はほとんどなかった。宿泊施設全112軒のうち111軒が、当日から営業を続けている。にもかかわらず、ゴールデンウィークにも観光客は戻らなかった。宿泊者数は前年比33%と激減している。

この危機的な状況を打開するためには、全国に元気な別府を伝えないといけない。別府市や市観光協会などでつくる「別府観光誘客緊急協議会」が動いた。

BuzzFeed Newsの取材に対し、市観光課の担当者は「いまだに別府は大丈夫なのか、という問い合わせも多い。風評被害を吹き飛ばすような、楽しいCMをつくろうと思いました」と語る。

「被害を受けている当事者の人たちに出てもらえれば、思いがより伝わるはず」。地元の人にも協力を呼びかけ、3日間かけて撮影したという。

公開したCMは全14種類。「ピンチすぎて、つい作りすぎてしまいました」という。

ツイッター上にはさっそく、「めっちゃ笑った」「いいセンスだ」などの感想が寄せられている。

もちろん、今回の地震で観光客が減ったのは別府だけではない。

いまだに、傷ついている被災地もある。

だからこそ。市観光課の担当者は「九州全体が明るく元気になってほしい。そういう願いも込めました」とBuzzFeed Newsに話した。

最終更新:6月20日(月)18時37分

BuzzFeed Japan