ここから本文です

筑後川河川敷で身元不明女性遺体

佐賀新聞 6月20日(月)15時45分配信

 三養基郡みやき町江口の筑後川河川敷で17日午後、釣りにきた郡内の男性が女性の遺体を発見し、110番した。鳥栖署で身元や死因を調べている。

 同署によると、女性は消波ブロックの上にうつぶせで倒れていた。40~60代とみられ、身長約165センチ。白髪交じりの黒髪で、紺色の半袖シャツとジーパン、白いスニーカー、スカーフのようなものを身に着けていた。服の一部がぬれていた。顔や腕に擦り傷がある以外は目立った外傷がなく、18日に佐賀大学附属病院で司法解剖する。

 現場は北茂安体育館の南東約300メートルに位置し、筑後川と国道264号の間にある河川敷。1・4キロ上流には筑後川大堰(おおぜき)がある。

最終更新:6月20日(月)15時45分

佐賀新聞