ここから本文です

伊藤竜馬 右肘の怪我でウィンブルドン予選欠場<男子テニス>

tennis365.net 6月20日(月)11時53分配信

伊藤竜馬、ウィンブルドン予選欠場

男子テニスで世界ランク112位の伊藤竜馬(日本)が19日に自身の公式ブログを更新し、右肘の痛みにより27日から開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の予選を欠場すると明かした。

伊藤竜馬、全仏覇者ワウリンカに善戦

「先週のドイツ・ハレATP500予選1回戦の途中で右肘に痛みが出ました。力が入らなくなる感じもあったのですが、アドレナリンのせいかその後は痛みをあまり感じずにプレー出来て1回戦勝利。でも試合後からカナリ痛みが出てきてしまいました」と伊藤。

伊藤は、先週のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)に予選から出場。1回戦でL・ロソル(チェコ共和国)を7-6 (7-1), 6-3のストレートで下すも、2回戦で杉田祐一(日本)に2-6, 4-6のストレートで敗れて本戦入りを逃していた。

「正直Wimbledonに間に合わないかもと不安はありましたが、間に合うと信じてイギリスに移動し、その他の部分のトレーニングや治療など出来る事を全てやり痛みがなくなるのを待っている状況でした」

「しかし、試合開始前日の今日の時点で痛みが消えることは無く、残念ですが先ほど欠場を決めました!!」と決断。

過去のウィンブルドンでは2012年と2014年に本戦出場を果たし、昨年は予選2回戦で守屋宏紀(日本)との同胞対決に敗れ、2年連続の本戦入りとはならなかった。

最後に「色々考えてしまって欠場を決めるのは凄く辛かったです。でも、今は1日も早く日本へ帰国し精密な検査を受ける事が一番大切な事だと判断しました。1日も早く復帰出来るように頑張ります」と綴った。

tennis365.net

最終更新:6月20日(月)11時53分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。