ここから本文です

中日・吉見の制球力にハム大谷驚嘆 「さすがだなと」

Full-Count 6月20日(月)9時12分配信

同じ球種を同じコースに

 日本ハムの大谷翔平投手が19日、中日の吉見一起投手のコントロールに目を丸くした。

日本ハム、過去10年のドラフト指名選手一覧

 大谷が絶賛したのは、4回先頭の第2打席。2球目の内角低めスライダーを強振した打球がレガースで覆われていない右スネ付近に直撃。苦悶の表情で一度治療でベンチに下がるほどだったが、プレーを続行。吉見は続く3球目で同じ球種を同じコースへ投げてきた。

「コントロールが抜群にいいですし、自打球が当たった後に、もう1度同じ球を投げられる辺りはさすがだなと。投げきるのは素晴らしいなと思いました」

 2回1死では吉見の外角シュートを中前安打とし、6回2死では先制点につながる四球を選んだ。それでも、試合後は吉見の抜群の制球力に刺激を受けたようだった。

 交流戦は負けなしの3勝で、防御率0.38。シーズン序盤は安定しなかったが、6勝4敗、防御率2・21と成績を持ち直してきた。リーグ戦再開後は26日のオリックス戦(京セラドーム大阪)での登板が予定されている。「吉見さんは素晴らしい立ち上がりをしていたので。相手の投手にプレッシャーがかかる。(リーグ再開後は)ソフトバンクに勝たないと。勝てるように頑張ります」と大谷。技巧派右腕から受けた刺激を、今後の奮闘につなげたい。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月20日(月)9時12分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]