ここから本文です

今さら聞けない「株投資」と「社債投資」 効率よく稼げるのはどっち?

マネーの達人 6月20日(月)5時20分配信

時々見聞きする「社債投資」。会社の債券? くらいは何となくわかるけど、具体的には良く分からない。

「株投資」とは全然違うの? と、実は素朴な疑問を感じているのではないでしょうか?

この記事を通して、社債投資とは何か、株投資と比較して効率よく稼げるのはどちらか、詳しく見ていきましょう。

社債投資とは? 株投資と比べて効率よく稼げるのはどっち?

はじめに、社債とは何か見てみます。

■社債とは?

社債とは、企業が発行する債券のことで、お金の借用書と考えられます。以下の対話文をご覧ください。

会社:事業を拡大するのに少々お金を貸していただけませんか?

投資家:良いですよ。10万円貸しますよ。

会社:ありがとうございます! では借用書として「債券」を発行しますので、どうぞお受け取り下さい。

投資家:どれどれ。ふむふむ、1年後に返してくれるのですね。金利は1%ですか。ということは返済時に利息を付けて10万1000円返済してくれるということですね?

会社:はい。ほんのちょっとですが、私どもの気持ちです。ただ…

投資家:ただ?

会社:今回の社債の種類は無担保社債になります。つまり、お金の借用にかかる担保は何もありませんので、万が一私どもの会社が倒産した場合、借りた10万円と1%の利息分の返済見込みはございませんので。悪しからず。

投資家:そうなの? まあ仕方ないですね。銀行定期預金も金利はあってないようなものですから、成長性と安定性を見込んで今回は貴社に10万円投資しますよ。頑張って働いて下さいよ。

以上の対話文で、社債とはどんな仕組みなのかその概要をお分かりいただけたと思います。

社債とは、会社が投資家から資金を調達する手段の一つで、ざっくばらんに言えば会社の借金です。社債による返済予定日は原則指定されており、1~2年の短期のものもあれば5年以上の長期のものもあります。

社債投資の最大のメリットは金利で、社債を買った投資家は金利による収入が収益源です。金利は高いほうが収益率が高くなることは言うまでもないでしょう。

担保という観点から見ると、社債には担保付社債と無担保社債の2種類あり、上述したように無担保社債がデフォルト(債務不履行)になると元本や利息の支払いの可能性は限りなく低くなるので、注意が必要です。

現在、社債投資のほとんどが無担保社債となっていますので、どの会社にお金を貸すかが社債投資の要になります。

1/2ページ

最終更新:6月20日(月)5時30分

マネーの達人