ここから本文です

おかずクラブ・ゆいP、道化師となってステージに立つことが決定

トレンドニュース(GYAO) 6/20(月) 19:07配信

 人気お笑いコンビ・おかずクラブのゆいPが、今夏の日本再上陸が決定した体感型ファンタジーショー「スラバのスノーショー」の東京公演に特別出演することが決定、20日に新宿の吉本興業本社で行われた囲み取材の場で意気込みを語った。この日は、クラウン(道化師)のヴァーニャ・ポルニン、アレクサンドル・フリッシュが来日、さらに相方のオカリナ、大阪公演に出演するゆりやんレトリィバァ、そして2015年に同演目のイタリア公演に出演した経験を持つ徳井健太(平成ノブシコブシ)もゲストとして来場した。

「スラバのスノーショー」は、ロシア出身のクラウン(道化師)であるスラバ・ポルニンが創作・演出する体感型ファンタジーショー。セリフは一切なく、動きと表情だけで人間の喜怒哀楽を表現していく内容が特色で、1993年の初演以降、世界30カ国以上で、500万人を動員している。2014年に行われた日本公演では、およそ2万人を動員。その好評を受けて、今年7月から、いよいよ日本再上陸が決定。ヴァーニャも「ずっとこの日を楽しみにしていました! でもまだ公演までは3週間近くあるので、ワクワクしながら待ち続けています。日本公演は思い切りやりますよ!」と喜びのコメント。アレクサンドルも「シアワセト、ホホエミト、ヨロコビヲ、オトドケスルタメニヤッテキマシタ! ナンデヤネン!」と日本語で続けてみせた。

 そんな日本公演の東京公演にゆいPが、大阪公演にゆりやんがクラウンとして出演することが決定(両者とも期間中のうちのどこか1日だけのサプライズ出演)。「東京公演に出演するとさっき聞かされて。何をするのかもよく分からない。不安がありますね。相方のオカリナさんも何とか出していただけないですかね」と心配そうな表情を見せたゆいPだったが、ヴァーニャは「わたしたちのカンパニーでは練習はしてはいけない。でも本当はこっそり練習しています。だからこっそりと先生になって皆さんを導きます」とサポートを約束してみせた。

1/2ページ

最終更新:6/20(月) 19:07

トレンドニュース(GYAO)