ここから本文です

TRF・DJ KOOが、“エロ過ぎるピアニスト”高木里代子とがスペシャルユニット結成

E-TALENTBANK 6/20(月) 18:48配信

2016年8月13日(土)、14日(日)「第7回すみだストリートジャズフェスティバル」に開催されるイベントに向けて、エロ過ぎるジャズ・ピアニスト”として話題沸騰中の高木里代子とTRFのDJ KOOがスペシャルユニットを結成することが発表された。

今回の『すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバル』への出演をキッカケに結成されたスペシャルユニット【高木里代子・DJ KOO】。avexの先輩、後輩が世代、ジャンルを超え全ての音楽への感謝と、すみだジャズの “手作り感” にビッグリスペクトを込めてタッグが組まれたとのことだ。

ビジュアル、実力、キャラクターと唯一無二の高木里代子とDJ KOO。ジャズとダンスミュージック、ジャンルの壁を越えた音楽の出会いは、新たなスタイルを築くことは間違いない。更に当日は、書き下ろしの新曲を発表するということで、期待は高まる。

出演は、13日(土)同会場の幕開けをかざる11時より出演。会場は1997年に開館した大編成のオーケストラなどクラッシック音楽向けのコンサートホール”すみだトリフォニーホール大ホール”。新日本フィルハーモニー交響楽団や数々の有名アーティストが演奏する会場でも知られ、約1,800人の収容人数を誇る由緒ある会場、入場は無料となっている。

「すみだストリートジャズフェスティバル実行委員会」は、実行委員長をはじめ、運営委員から、当日のみ参加のスタッフまで、全てがボランティアにより運営されていて、地域で創り上げていくフェス。この二人の出演で、さらに盛り上がるだろう。

最終更新:6/20(月) 18:48

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]