ここから本文です

優勝争いのキーマンは最下位に沈む福岡のストライカー「うちで優勝を決められるのは嫌だった」「鹿島戦は勝ち点3」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/20(月) 17:00配信

リオ世代のストライカーが優勝争いをかき回す

Jリーグ1stステージ優勝争いのキーマンは、最下位に沈むアビスパ福岡のストライカー金森健志になりそうだ。

18日に開催されたJリーグ16節、1stステージ2試合を残して首位を走っていた川崎とホームで対戦した福岡は、9分に金森が先制ゴールを記録。金森は15分にも追加点を決め、福岡がリードを2点に広げる。その後は川崎に2ゴールを許して試合は同点のままタイムアップを迎えたが、勝利を逃した川崎は2位に転落。最終節を前にして鹿島アントラーズが首位に浮上した。

川崎戦で2得点を決めた金森は試合後、「うちのホームで優勝を決められるのは嫌だったし、勝つことだけを考えて臨みました」とコメント。「自分がゴールを決めないと勝てないと思っていましたので(2得点は)良かった」と話しながらも、「あと1点くらい決めるチャンスがあった。勝たないといけない試合だったので悔しいです」と試合を振り返った。同選手のコメントをJリーグ公式サイトが伝えている。

その金森は1stステージ最終節、首位浮上を“アシスト”した鹿島と対戦する。敵地での一戦にも金森は「まずは勝点3を取って帰ってくること」と闘志を燃やし、「自分自身の調子ももっと上げて、オリンピックも諦めず、チャンスをものにしたいと思います」と意気込みを語った。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/20(月) 17:00

theWORLD(ザ・ワールド)

なぜ今? 首相主導の働き方改革