ここから本文です

[移籍]宇佐美のブンデス再挑戦が決定! アウクスブルクSD「ガンバ大阪でとてつもない成長を遂げている」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/20(月) 18:54配信

25日のホームゲームがG大阪ラストマッチに

ガンバ大阪は20日、FW宇佐美貴史がアウクスブルク(ドイツ)に完全移籍で加入することを発表した。アウクスブルク公式サイトによると契約期間は2020年6月30日までとなっている。

現在24歳の宇佐美は2009年にG大阪でプロのキャリアをスタート。2年目から主力選手として活躍し、2011年の夏にドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンに期限付き移籍で加入する。しかし同クラブでは満足のいく出場機会が掴めず、翌年は同じドイツのホッフェンハイムでプレイ。同クラブでは20試合に出場して2ゴールを記録するも、2013年シーズンからガンバ大阪に復帰し、チームに欠かせない存在として活躍していた。

今季も16試合に出場して5得点を記録している宇佐美だが、6月25日に吹田スタジアムで開催されるJ1リーグ1stステージ最終節、名古屋グランパス戦を最後に再びG大阪を去ることが決定。クラブは名古屋戦の試合終了後に同選手のセレモニーを行う予定であることを発表している。

またアウクスブルク公式サイトではスポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏のコメントを紹介。同氏は宇佐美の獲得に際し、「宇佐美のようなブンデスリーガで経験があって、若い選手を獲得できて喜んでいる。彼はここ数年、ガンバ大阪でとてつもない成長を遂げていた。我々は彼のクオリティがアウクスブルクをたすけることになると確信している」と話している。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/20(月) 18:54

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報