ここから本文です

夏の補強展望を語るアーセナルのヴェンゲル監督「契約するのは多くても3人」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/20(月) 19:30配信

主に中盤を強化?

彼は今夏、かつてないほど大胆なチーム強化に打って出ると目されていたが、やはり例年通りの堅実路線を継承していくようだ。

昨夏はフィールドプレイヤーの補強を見送り、チェルシーからチェコ代表GKペトル・チェフを獲得するにとどまっていたアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督。今夏にはレスターのジェイミー・バーディやリヤド・マフレズ、そしてドルトムントのヘンリク・ムヒタリヤンなど、一転して多くのスター選手獲得の可能性が取り沙汰されているものの、ヴェンゲルはバランスを保つことの重要性を訴えている。『Tencent Sports』が今夏のチーム強化について言及する同監督のコメントを伝えた。

「我々はすでにジャカとサインした。今夏には3選手を失うことになるからね。アルテタとロシツキ、それにフラミニだよ。MFを補強したのはこのためだ。ここにあと1人か2人の選手を加えようと動いているが、決してラクに進むようなことではない。チームは然るべきバランスを保つ必要があるからだ。選手を獲得し過ぎてしまうと、チームは安定感を失う。契約するのは多くても3人だね」

中盤を支えてきたベテラン勢がチームを去ることで、MFの獲得に動いたというヴェンゲル。ボルシアMGから獲得したゲームメイカーのグラニト・ジャカの他に、どんなプレイヤーが新たなガナーズの一員となるのだろうか。アーセナルの動向に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/20(月) 19:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合