ここから本文です

ペップがバイエルン時代誰よりも放出を悔やんだ選手をマンチェスターに呼び戻す?

theWORLD(ザ・ワールド) 6月20日(月)20時0分配信

最高のダブルボランチ形成か

ドイツ代表MFトニ・クロースは今夏マンチェスター・シティへと行く可能性があるようだ。

来季からジョゼップ・グアルディオラが指揮を執るマンチェスター・シティ。グアルディオラはバイエルン時代にクロースを1年だけ指導したことがあり、その才能に惚れ込んでいた。しかし2014年の夏、様々な問題から同選手はレアル・マドリードへと移籍し、グアルディオラはその放出を誰よりも悔やんだという。そのため、ペップはマンチェスターにクロースを呼び戻す可能性があると英『EXPRESS』は伝えている。

同紙のジャーナリストを務めるジム・ホールデン氏は「クロースはレアル・マドリードで昨季UCL制覇を成し遂げたため、グアルディオラのもとで新たな挑戦に臨む」と話し、移籍の可能性について言及した。マンチェスター・シティはEURO終了後、3700万ポンドのオファーをすると考えられているようだ。

すでにギュンドアンを獲得しているマンチェスター・シティだけに、クロースも獲得することになれば展開するフットボールはがらりと変わることになるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月20日(月)20時0分

theWORLD(ザ・ワールド)