ここから本文です

元バルサのデコが選ぶ“史上最強”はあの選手「才能はロナウド&メッシ以上」「チームが苦しんでいる時でも、彼は決定機を作った」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月20日(月)20時10分配信

バルサの元10番を称賛

やはり彼の才能は、現在の“ビッグ2”を遥かに凌ぐものだったのだろうか。かつてポルトガル代表でクリスティアーノ・ロナウドと、そしてバルセロナではリオネル・メッシと共にプレイした経験を持つデコ氏が、彼ら2人よりも才能に溢れた選手の名を明かしている。

2008年以降のバロンドールを独占し、長年にわたり世界最高の座を争ってきたロナウドとメッシの2人だが、代表とクラブで両者を知る元天才パサーは、彼らよりも優れていたというブラジル人について言及。同氏いわく、その人物には飛び抜けた才能があったという。スペイン『SPORT』がデコ氏のコメントを伝えた。

「ロナウジーニョにはメッシとロナウド以上の才能があったね。チームがどのように攻めたら良いのか分からず、苦しんでいる時でも、彼は決定機を作った。まだロナウドは若かった時代だね。フィジカルに優れ、のし上がろうとする意思が強かった。メッシも賢明に努力していたよ。でもロナウジーニョのプレイは全て天性の閃きによるものだ。特別な能力だったよ。ロナウジーニョにパスを出せば、彼は様々なパターンのゴールを決めたよ」

ロナウジーニョに努力など必要無かったのかもしれない。彼は朗らかに笑い、蜂のように刺した。近年において、最もフットボールを楽しんでいた人物かもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月20日(月)20時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。