ここから本文です

ホンダ「ペースはよかったが連続11位には満足できない」/ヨーロッパ日曜

オートスポーツweb 6月20日(月)5時2分配信

 2016年F1ヨーロッパGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソはギヤボックストラブルのためリタイア、ジェンソン・バトンは11位だった。

2016年第8戦ヨーロッパGP フェルナンド・アロンソ

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダF1プロジェクト総責任者 長谷川祐介
 今日のレースペースはよかったです。クルマからポテンシャルを引き出すために最善を尽くしたと思います。ですが2戦連続で11位と、あと一歩のところでポイント獲得を逃したので、満足するのは難しいですね。

 レースは予想していたよりは波乱がなく、上位グリッドからスタートしたクルマはすべて無事に走り切りました。そのため、インシデントをチャンスとして利用することができず、今回も中団のポジションにとどまりました。

 レース前にはロングストレートを危惧していたのですが、今週末はリヤウイングのセッティングをローダウンフォース仕様にしており、そのおかげで戦える位置にとどまることができました。

 残念ながらフェルナンドはギヤボックスのトラブルが悪化してきたため、レース終盤にはペースを維持することができず、それ以上の問題を防ぐためにリタイアさせなければなりませんでした。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月20日(月)5時52分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]