ここから本文です

ハミルトン「レースを盛り上げたかったのに、規則がそれを阻んだ」:メルセデス ヨーロッパ日曜

オートスポーツweb 6月20日(月)6時57分配信

 2016年F1ヨーロッパGP決勝で、メルセデスのルイス・ハミルトンは5位だった。

2016年第8戦ヨーロッパGP ドライバーズパレードでのルイス・ハミルトン(メルセデス)

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 決勝=5位
 今日は何が起きたのか分からない。単純にパワーがなかった。僕のエンジンモードでは、ERSがないまま走っているような感じだった。ステアリングホイールのスイッチポジションには何百もの異なる組み合わせがある。どれだけ勉強しても、すべて覚えることなんてできない。

 何が悪いのか突き止めるため、走りながらスクリーンを見ていた。でも効果のあることを見つけることができなかった。今のフォーミュラはすごく複雑で技術的だから、こういうことをコース上で解決できないようにすることに、僕としてはメリットを感じられない。

 レースができなくて本当に残念だった。問題を解決できていたら、少なくともショーに加わって前のドライバーたちと戦うことができたかもしれない。

 ラスト10周あたりで、問題は自然に解決した。でもその時には前のグループからも後ろのグループからも10秒以上離れていたから、ポジションを得る可能性も失う可能性もなかった。だから最後はエンジンをセーブするためにパワーを落とした。今シーズン中に残された基数が少ないのは分かっているからね。

 今日は思いどおりに行かず、こういう結果になった。5位でポイントを獲得した。次のレースで挽回を図りたい。


(無線を制限する規則によって、問題の解決法をチームから教えてもらえなかったことについて)無線の禁止というのは、僕の知る限り、ドライバーへの支援をやめることが目的であるはずだ。

 あれはドライバーへの支援ではなかった。技術的な問題だった。

 スイッチポジションはたくさんあるが、自分で修正しなければならない。問題を把握できるのはガレージにいる人たちだけなんだけど。

 僕がフルパワーで走れていたら、レースに見せ場を作ることができただろう。もっと戦いに加わって、上位のドライバーたちとバトルができただろうから。
 
(ロイターに対して語り)危険な状況だった。ラップの大半をステアリングホイールを見て過ごした。チームから言えるのは、スイッチのエラーがあるということだけだったんだ。

 今回は技術上の問題だったんだから、規則をもう一度見直す必要があるんじゃないかな。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月20日(月)7時1分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]