ここから本文です

ハリアント「みんなの予想が外れ、平穏なレースに」:マノー ヨーロッパ日曜

オートスポーツweb 6月20日(月)10時50分配信

 2016年F1ヨーロッパGP決勝で、マノーのパスカル・ウェーレインはリタイア、リオ・ハリアントは18位だった。

F1最新フォトコーナー

■マノー・レーシングMRT
パスカル・ウェーレイン 決勝=リタイア
 正直なところ、ちょっと悔しい。もっといい結果を期待していたからね。おそらく僕らの戦略は、他のドライバーとは全然違っていたと思う。つまり、僕らが選んだのは、何かが起きてレースの流れが僕らに有利な方へ向いたときには、それを最大限に生かせるような戦略だった。

 レースはソフトタイヤでスタートして、序盤のポジションには満足していた。ただ、スーパーソフトと比べると、ソフトのほうがドライブは難しかった。

 ピットインして、ミディアムに履き替えてからのペースは良かったので、前にいる2台のザウバーとの差を詰められると思ったけど、残念ながらブレーキが終わってしまった。ターン1に差しかかったところでいきなりブレーキがなくなり、クルマを止めるしかなかったんだ。

 それ以上言うべきことは何もない。とにかく前を向いて進むしかないんだ。ただ、このサーキットと初めてのバクー訪問を、心から楽しんだのは確かだよ。
 
リオ・ハリアント 決勝=18位
 僕にとっては、それほどいいレースではなかったね。まずターン1で接触があり、フロントウイングを壊してしまったので、1周目の終わりにピットに入らなければならなかった。言うまでもなく、ノーズ交換にはそれなりに時間がかるから、レースに戻った時には大きく遅れを取っていた。

 その時点でチームはソフトに履き替えることを決め、そこから1ストップで行こうとしたんだ。ただ、ソフトでも49周はさすがに長かったし、デグラデーションの大きさには本当に苦しめられた。ほとんどラップごとにブレーキングポイントを変えざるをえないほどだったよ。

 今日は誰もが「何かが起きる」ことを予想していたと思うし、僕も何かがあればそのチャンスを生かせるようにと、頑張って走り続けた。結果として、そういう出来事はなかったけどね。終わってみれば、意外にもクリーンなレースだった。

 今日のところはポジティブな面だけを考えようと思う。僕は予選でかなりいいパフォーマンスを見せたし、レースも完走できたのだから良かったじゃないか、ってね。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月21日(火)10時13分

オートスポーツweb