ここから本文です

GP2スプリントレースでの接触により、松下が次戦を出場停止処分に

オートスポーツweb 6月20日(月)12時25分配信

 マクラーレン・ホンダF1チームのテスト/開発ドライバーである松下信治は、バクーで開催されたGP2決勝レース2のリスタートにおいて混乱を引き起こしたと見なされ、1戦出場停止の処分を受けた。

GP2第3戦ヨーロッパ決勝レース2の結果

 今季ARTグランプリからGP2に参戦している松下はトップを快走していたものの、セーフティカーが3度も出動する事態となり、リスタートで問題が起きた。松下の行為で危険とみなされたのは3点。ひとつは、ターン16の出口で加速を急ぎすぎ、セーフティカーに追いついたこと。ふたつめは、その後ピットストレートで加速と減速をしたことで、1コーナーで後続車両に接触を引き起こしたこと。さらに3回目のリスタートでブレーキをロックしたラファエル・マルチェッロと1コーナーのイン側で接触したことだ。松下は、このアクシデントにより、レースをリタイアしている。

 1度目のリスタートでは、セーフティカーラインを超える前にセーフティカーを追い越し、「不規則な動きで他のドライバーを危険に晒した」と判断された。2度目のリスタートでも同様の行為があり、後続車両が接触事故を起こしている。

 現在ランキング8位の松下だが、レッドブルリンクで開催される次戦は出場停止となる。この他にも、1コーナーでジョーダン・キングとの接触を起こしたジミー・エリクソンが、次戦のレース1で3グリッド降格のペナルティを受けている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月20日(月)12時25分

オートスポーツweb