ここから本文です

「今日のことは頭の中から消去する」:トロロッソ ヨーロッパ日曜

オートスポーツweb 6月20日(月)12時2分配信

 2016年F1ヨーロッパGP決勝で、トロロッソのダニール・クビアトとカルロス・サインツJr.はリタイアに終わった。

F1最新フォトコーナー

■スクーデリア・トロロッソ
ダニール・クビアト 決勝=リタイア
 残念な一日になってしまった。レースに参加できたのは最初の数周だけで、結局リヤサスペンションのトラブルでリタイアすることになったんだ。

 スタート直後からクルマのハンドリングがおかしくて、1周目はうまくポジションを稼いだけど、最終的にはリタイアするしかなかった。本当に残念だが、それもまた人生であり、レースというものの一部だ。クルマに何が起きたのか調べて、原因をしっかり理解する必要がある。

 けれども、僕らがプッシュし続け、戦い続けることに変わりはないよ。週末を通じてクルマのハンドリングはすごく良かったから、決して悲観的にはなっていないし、先の見通しは明るいと思う。

 これから先のレースは、もっと楽しめるものになるはずだ。今日のことは、もう頭の中からすっかり消去するよ。僕らは昨日までやってきたような仕事を続けるだけでいい。実際、レースが始まるまでは、何の問題もなかったのだからね。

カルロス・サインツJr. 決勝=リタイア
 全体として、ちょっと厳しい週末だった。そして、今日はうまくリカバリーをしつつあったんだけど、残念なことにサスペンションに問題が起きて、レースを終えることになった。クルマのフィーリングは良かったし、戦略やペースも悪くなかっただけに残念だね……。

 でも、またすぐに調子を取り戻せるのは間違いないよ! こういうトラブルが起きたとき、ドライバーにできるのは、終わったことは早く忘れて、次のレースに向けて努力をすることだけだ。

 バルセロナ以降、ここまでずっと好調の波に乗ってきたことを思えば、こんな小さなつまずきで動揺する必要はないしね。今回はたまたま実りのない週末だっただけだ。今日も僕にできることはすべてやったと思うし、ここまでのシーズンの内容には満足している。次のオーストリアでのレースを楽しみにしているよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月20日(月)12時3分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]