ここから本文です

レディオヘッド、イスタンブールでのアルバムイベントが襲撃される

Billboard Japan 6月20日(月)18時35分配信

 レディオヘッドのアルバム『ア・ムーン・シェイプト・プール』をサポートするストリーミング・イベントが世界各地で行われていた6月17日、イスタンブールにあるレコード店“Velvet IndieGround Records”が、イスラム教徒の神聖な月であるラマダン(断食月)最中にアルコールが提供されていたという理由で襲撃されたことが明らかになった。

 これを受けレディオヘッドは17日遅く、同襲撃事件で影響を受けたファンに対してステートメントを発表。「我々の心は今夜、イスタンブールのVelvet IndieGround Recordsで攻撃を受けた方々と共にある。いつかこのような不寛容な暴力行為をはるか昔のこととして振り返れるよう願っています。今は、我々はイスタンブールにいるファンのために愛と支持を捧げることしかできません」と述べている。

 報道によると、重症者はいないもののファンの一人が瓶で頭を殴られたとのことだ。

 サンフランシスコから北京に至るまで、各地のレコードショップで行われたレディオヘッドの同ストリーミング・イベント。1か月前のApple MusicおよびTidalでのリリースに続き、イベント当日の17日はSpotifyでのリリース日だった。

最終更新:6月20日(月)18時35分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。